他人からの承認はいらない。承認欲求を捨て、自分基準で自分を認めるススメ。

どうも!!

承認欲求ってよく聞きます。

誰しもみんなが持っているもの。
そんなイメージでした。

「人から認められたい」

「褒めてもらいたい」

上記のような感情。

自然な欲求だと思います。

でも、僕は承認欲求いらないんじゃないかって思うのです。
それは、承認欲求のために動いた結果、
承認欲求のために生きるのは非常にもったいないと感じたから。

僕自身がすごい承認欲求を求めてて、
誰かに褒められたりしても、どこか満たされなかった。

その時に思ったのです。

承認欲求って必要なのかな?

他人からの承認なんていらない

俗にいう「承認欲求」は他人から認められることを指しますよね。

結論から言うと、他人からの承認はいらない。

僕はそう思います。

なぜなら、他人の評価など千差万別なんです。

自分が起こした行動がを相手がどう受け取るかは自由。

褒めてくれるかも、相手次第になってきます。

その反応のために自分が動いていくのってなんかおかしくないですか??

だって、中心が他人なんですもん。

自分の人生の、中心は自分じゃないと面白くない。

たとえ、社会は自分中心に回っていないとしても。

僕はそう思いました。

他人からの承認なんていらない「自分で自分を認めるのが一番早い」

しかも、人から褒められて嬉しいこともあるけれど、
自分で納得していなかった場合嬉しくないことも多い。

「褒められたけど、これって当たり前じゃない?」

「なんか過剰に褒めてくるな…」

他人の褒めるには様々な感情があると思うんです。

  • 本当に心から褒めてくれている場合。
  • 心理学的に褒めた方が得をするということをしていて褒めてくる。
  • 相手との衝突が嫌だから、当たり障りが内容に褒める。

 

他人からの承認を求めるのは、あまりに時間がかかるし、
自分の求めた答えを完璧に得ることはできない。

他人は他人なので。

ならば、自分の基準をクリアして自分で認めてしまうのが一番早い

人に左右されずに、自分で自分を満たすことができる。

結局、

自分で自分を承認してあげることが一番早い。

このことに僕は気づいたのです。

他人からの承認なんていらない「人の反応なんて気まぐれ」

人の反応なんて気まぐれです。

どんな1日を過ごして僕と会う前に仕事で嫌なことがあったかもしれないし、
感情の状態なんて人それぞれ。

僕だってそうです、なるべくしないようにはしたいけど、
どうしても感情によって物事を判断してしまう時も多いです。

そんなものために自分が動くなんて勿体無い。

自分が動きたいことをして、
その中で自分を認めてあげれるようになった方が絶対にコスパがいい。

人の反応にいちいち左右されるなんて勿体無いですよ。

皆さんも、自分自身の承認欲求を捨て去って
自分で自分を認めてあげてははいかがでしょうか??

追伸:偉そうに書いていますが、本当に好きな人には
未だに承認欲求が顔を出してくるのが今僕の課題でもあるのです。笑

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です